CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
RECOMMEND
<< 鮮やかなフィット | main | 9月も終りですね >>
こだわれば!
■BMW MINI

クオーツガラスコーティング+フィルム施工+シャーシコーティング+足回りコーティング・・・・

とにかく「丸ごと」クオーツガラスコーティング!




わざわざ県外からご来店いただきました、オレンジの鮮やかなMINIです。
キャンバストップが可愛らしい。

え〜、それでは。(今日はチョット長いコメントになりそうです。)

■カーフィルム

断熱効果をアップした「VU断熱フィルム(透明)の施工とリアスクリーンにはチョットだけスモークタイプのフィルムを施工させていただきました。
透明断熱フィルムは、エアコン効率をアップさせることで、最近はご用命が増えてきていますね。





もちろん、それだけではありません。
カーフィルムには「飛散防止効果」に優れていますので、万が一の衝突時のガラス飛散を最小限にくい止め、二次災害(顔や皮膚にガラス破片が刺さるなど)を軽減させてくれる効果もあるんです。

ちなみに、自動車のガラスはフロントガラスを除いて、強化ガラスを用いています。
強化ガラスは割れるとき、爆発しながら飛び散るという性質を持っている事をご存知でしょうか?

これが、破片です。
こんなのが一瞬のうちに飛んで来ては「たまりません」よね。


(左にあるのが破片です。右側がフィルム施工をしてあるガラスを割ったものです。)

「違いは一目瞭然」。ですね。


■下回り編。

まずは車体を持ち上げて、ホイールを外しシャーシの洗浄からです。
ちょっと狭いながらも、車体の下にもぐりこみ、底面を綺麗にしていきます。


*お客様のご要望とあれば、「できます!」の精神で挑戦し続けてます(^^)!


洗浄が終わると、クオーツガラスコーティングの塗布に移ります。
結構難しい体勢でしょう〜(^^;

エンジン下回りなどは以外に、イイエ!ほとんどお手入れができません。
冬場の雪や氷を溶かす、通称塩化カルシウム(エンカリ)などが付着し、見えない部分ですが、腐食の原因となる事もあります。
ですから、この「見えない部分」も本当はコーティングされるのが一番いいんです。
ただ、ここまで「愛車にいたわり」を持てる方は少ないですけれど・・・

ここで、クオーツガラスコーティングの最大の特徴である、スプレー工法が生かされています。
スプレーで塗布していくため、通常では手の入りにくい細かな部分や、ネジ一本までコーティングすることが可能なのです。


リア部分にある燃料タンクやマフラーの一緒に施工せています。



■足回り編

続いて、ブレーキキャリパーやショックアブソーバーなどの足回り洗浄です。
細かな部分はブラシを使ったり、クロスを巧み使い分け洗浄していきます。






それでは、塗布の様子をこちらでご覧下さい。




キャリパーはブレーキの汚れ(ダスト)によって真っ黒になります。
そればかりか、熱が最も起きる場所でもあります。
クオーツガラスコーティングは1300℃に耐えられる素材ですから、
はがれ落ちる心配はありません。

この部分も、本当に外観からは見えない部分ですが、ユーザー様のお車への愛情が伺えます。
だからこそ、しっかり・キッチリ作業させて頂きます。(^^)

もちろん、フェンダーハウス内もコーティングを行いますよ。


■ホイールコーティング

こちらは、定番となりつつあります、ホイールコーティングです。


まずは、こんな感じで施工しています。




何といっても、足回りの汚れは嫌なものです。
チョットほっておくと、ブレーキダストが固着してしまい、洗っても汚れが落ちにくく、綺麗になりません。

せっかくボディが綺麗でも、足元が汚れているもはチョット残念ですよね。


■内回り編

ドアやトランク、ボンネットに給油口の内側をご存知ですか。
その部分にもしっかりペイントがされていますよね。
だったら、コーティングしておくとお手入れしやすいですよね。
もちろん、綺麗であればもっといいですよね。

と言う事で、ドア内などもクオーツガラスコーティングを行います。






給油口内


トランク内回り


ボンネット周り


エンジン


洗車した後に水切りタオルで拭き上げるだけで、簡単に綺麗になります。


■フォロ編

フォロに素材が布地なので、汚れが付きません!とは言い切れませんが、クオーツガラスコーティングを塗布する事で、多少、多少ですが防汚効果が上がりますので施工させていただきました。






■ボディ編

ようやく、ボディにたどり付けたようです。

が!しかし、すぐにコーティングではありません。

「下地処理」つまり塗肌調整を行ってからです。
道なりは遠いでしょう・・・
この作業を手抜きしては、もともこもありません!
なぜなら、コーティングの定着に左右される大事な要素が含んでいるからです。
もともと、お車が納車される前には、いろんな過程を経過してからユーザー様の元に届きます。さらには、ディーラー様で納車準備、または、納車仕上げを行う際に、WAXや艶出し剤を塗布されるケースも考えられます。
関係者の方が塗装面に触れている可能性もなきにしもあらず。ということです。

輸入車は特に船による搬送があるため、鉄粉の付着が心配なのです。

ということで、とにかく塗装面上の油分を取り除いたり、コーティングの定着率を上げ、塗装本来の光沢を引き上げるための作業を行います。
(小キズがある場合は塗装面の状態に応じて処理します。)

こんな感じです。(塗肌調整の一部の工程)





■コーティング編

ボディケアの過程を終了して、「いざ!クオーツガラスコーティング」。
スプレー工法なので、細かなグリルの細部もコーティングできるほか、手塗りと違い、安定した均一な皮膜を形成できます。


まずは、スプレー工法の様子をご覧下さい。




この工程を繰り返し行って、ガラスの皮膜を造っていきます。


そして、チェックをしながら、ボディを拭きあげ、終了となります。
ガラス膜が造られていくと、その過程で光沢が徐々に上がっていくのが施工者にはよく解るんです。

いい感じに仕上がり、「うん〜満足!」


■ウインドガラスコーティング

通称、ガラス撥水加工です。
雨の日の運転にはスッキリとした視界が必要です。
安全なクリアーな視界を保つことができます。


まずは、ガラス面の油膜除去です。
やはり、油分があってはしっかりと定着できませんので、
ツールを使い丁寧に研磨していきます。


幾度の工程を過ぎ、小さなウレタンスポンジを使って塗布していきます。
今回施工させて頂いたウインドガラスコーティングは
「GPコート」と言う商品です。
イオンの結合によって皮膜を造るタイプで、
通常のガラスコーティングのものよりも持続性が高く、
フッ素系ではありませんので、よりクリアーな視界が保たれます。



●お客様へ
愛車にかける思い入れに添えるよう、できる限りがんばりました。
喜んでいただけたでしょうか?
「綺麗になったね」の一言が、私たちの励みです。

この度は、わざわざ遠く県外からお越し下さいまして、本当にありがとうございます。


「コーティングをしたぞ〜!」。
ではなく、コーティングを施工させて頂いてから、お付き合いが始まると考えております。


秋風の中、颯爽と気持のいいドライブをお楽しみ下さい。
末永く、どうぞご愛顧下さいませ。

店主。




クオーツガラスコーティングの説明は長くなりますので、
こちらをご参照下さい

◆当社は、ジャパンクオーツクラブに所属しております。
Japan Quartz Club はクオーツ製造元AZエレクトロニクス(クラリアントジャパン)と総発売元(株)オアシスが 「クオーツガラスコーティングの施工技術が優秀である」と認めた日本を代表するクオーツ団体です。

■かなり長いコメントにお付き合い下さいましてありがとうございます。





| - | 04:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work-diary.hot-ccs.com/trackback/364826
トラックバック